花の育成

肥料切れと分球を重ねていたのでしょう

なります。あの強いベゴニア・センパフローレンスが枯れますから。

Tag: その他

EM菌は、農薬でもければ肥料でもない。週に何回か入れて吹き付けたほうが効果が見える

Tag: その他

アガパンサスは、3年に一度株分けしたほうが根がほどける

種子取りをする方はそのまま。花を見たい方は取ったほうが良い。

西洋アサガオで宿根アサガオと思います(オーシャンブルー 11月で合っている)

空中の湿度が必要

樹を夏以降切っては花芽が落ちます。咲きません。

庭のアジサイが伸びすぎるのならヤマアジサイが良いでしょう。水揚げと蒸発がバランス良いように。

涼しくなったら施す

床柱に咲いて枯れたもの2本しばる、という迷信があるが時期的に6月下旬~7月上旬が良いでしょう

アジサイをひとまわり大きな鉢に取るなら11/3迄位

強剪定はダメ。伸びすぎたものは木化した所まで切らない。

切る時期が遅すぎたので、来年の花芽の出来るまでには切る

肥料が少なく、球根が玉葱の大きさになる

冬の寒さを考えたら霜、雪の当たらないこと。玉葱状の球根を少し出して植える。

イチゴのランナーは、秋までつけておく。2~3番目のランナーが一番使いやすい。

Tag: イチゴ

八千代市に移住した時に緑化公社から頂いたバラが、2年目から調子が悪い。まずは傷んだ枝を整理して、肥料を施しバラの回復を図る。今年一般は水をしっかりとあげ管理。来年の2月の剪定から本格的に再生を図る。

Tag: バラ

花芽の出来る時に、葉がかぶさらない様に葉を切る

Tag: エビネ

エビネランの花が咲いた後葉を切って、花芽が出たら咲いた後また切る。

Tag: エビネ

・オオマサリはゆで落花生向き
・千葉の半立は煎り落花生向き
・灯油をわずか付けると取りに食べられない
・5月ゴールデンウイーク播→収穫は10月
・サカタでお取り寄せは2月下旬
・他に(黒落花生、郷の香落花生、ナカデユタカ、千葉の半立) 70粒 525円、20糖 580円
・株間 35~40㎝

Tag: 落花生

地植えにして下さい。冬の寒さに弱い品種は厳寒期に腐葉土をかけて下さい。

Tag: オモト

何年も植え替えをしていないと分けにくいが、根(バルブ)を必ず入れて下さい。

Tag: オモト

肥料をあげて下さい

温度が高すぎたら何かかけて

Tag: カラー

乾燥を好むので、水のやりすぎには注意

Tag: カラー

花は切って肥料を少々施す

Tag: カラー

カラーは球根植物につき、葉の黄色くなる前までに鉢にとる

Tag: カラー

キキョウの品種でしょう

桜の咲く温度になると花が咲き、後に種が飛ぶ

赤い棒状の茎葉はいつ花がつく? 2年目

シャコバは移動すれば蕾が落ちることもあるので、クジャクサボテンもその気はあるでしょう

肥料不足

ブヨブヨになったものは生き返らないが、霜にあててはダメで良くならないが、見本の端にあるものは助かるでしょう。

・英名クリスマス・ローズの学名ヘレボラス・ニガー :クリスマスの頃咲く
・英名レンテン・ローズの学名ヘレボラス・オリエンタリス :2月~4月に咲く
 こちらをお持ちでしょう 

クレマチスの生育適温より猛暑なので、そういうこともあるでしょう。肥料は暑さがおさまってから。

今戸外にあったら霜にあてない様に、上にかけて下さい。

クンシランの植え替えは5~6月。鉢を大きくするか、根を切って同じ鉢に植え替える。

一株が2つに割れていたら鉢分けして植え替える

6月中に

もらったコチョウランを来年も咲かせるには、個々に3~5号に入れ水をきちっとあげる。冬寒がる。

コンポスターで出来たものは、土ではなく堆肥扱いにしたら良いです。 庭の土 6:コンポスター 4 庭の土 5:コンポスター 5

Tag: その他

お日様大好き。霜に当ててはいけない。肥料をやる(追肥)。一年草ではあるが切り戻しは出来る(開花期が長くなる)。

サクラソウは夏の暑さを嫌うので、秋の植え替えは好ましい

桔梗が枯れそうなのは肥料不足と中耕

株の草姿の1/2~1/3切る

本葉が出ているので、鉢上げして下さい

退色し始め(25日)たらねじって引っ張る。蕾が多くあるものを選ぶ。サクラソウ科なので日に当てる。

・陽に当てる(サクラソウ科)だから
・戸外に出す。但し夜は必ず室内に入れる。
・ついている肥料をあげる。葉の数だけ咲くから

・なるべく日に当てる
・寒さに強いので温度差(10℃以内)の無い所に置く
・葉の数だけ咲く

今冬の間に土づくり

花が終わってから

さし芽をしてみましょう

シランは春に植え替え。バルブ(根)を大きく残して切る。植え替え後は、水をしっかりやる。

Tag: シラン

シランの葉、根元でカット、抜くのでOK

Tag: シラン

切ります。新芽は株の下から出てきます。

Tag: シラン

秋播一年草ですから、タネを播いて下さい

Tag: シレネ

切り枝は10~12cm 土に入れるのは3cm 葉が大きかったら

葉を切りませんでしたか?分球したと思われますので、植えっぱなしにせず3年に一度は掘り上げ(6/1頃)、10/25日頃植えなおす。その際、マグアンプK等施す。

植え替えは3年に一度。葉は切らず、花が終わったら即効性の肥料で疲れを回復。9月~10月に植える時、緩効性肥料を施した土に植えます。

花後に

スミレの色の流行がある。スミレの株の肥料不足。

Tag: スミレ

酸性土壌にゼニゴケがはびこるので石灰をまく

Tag: その他

セロジネは肥料と水が好き。バルブがふっくらしている様に管理する。

チューリップは3~5月まで月1回肥料。6月には葉が枯れてしまうので、それまで肥料をしっかり。球根は植えっぱなしが良い。掘り起こし厳禁。

立派な球根でしたら、来年も咲くようにするため葉を数枚残すが、やっと咲いた小さな球根でしたら、来年咲かすには無理があるため、球根は消費すると思ったら良いでしょう(消費球根の言葉がある)。

ネリネは日当りを好みますので、良く日に当てて下さい

Tag: ネリネ

ネリネはヒガンバナ科の球根です。葉が枯れつつあるのは、休眠に向かっていると考えます。植え替える際、8号鉢を5号鉢に鉢下げした方法は合っていますが、引き抜いて根を切っていませんか?

Tag: ネリネ

花期は11月、ヒガンバナは9月。葉がなくなる前に肥料をあげたいと思いますので、その時の肥料が効いて休眠に入っています。水やりは、戸外にあるなら梅雨の間はいりません。夏暑くなって葉も出て来るでしょうから、表面の土が乾いたらあげて下さい。

Tag: ネリネ

球根が大人になっていない

Tag: ネリネ

肥料のやりすぎが原因と思われる。
① 2、3、4月と肥料をあげたのなら、1ヶ月か1ヶ月半に減らす
② 葉は半分に切る

バラは落葉樹なので、冬に切って下さい。それを剪定と言います。

Tag: バラ

・ペチュニアは、4ヶ月の鑑賞期間があるので元肥が足りなかった。次はベゴニアにしましょう。
・雨が多く、日照不足で花が咲かないのですね。

・木の下に播いたものを置く等、低温に気を付ける。
・好光性種子ではあるが、直射日光の当たる時だけ室内に取り込む。

パンジーは-5℃まで耐えられるので大丈夫です。心配ならタキイのウィンターパンジー ナチュレシリーズを買い求めて下さい。

パンジーの鑑賞期間は5月末まで。花は小さく、伸びて来るので冬春花壇は終わり。

ビオラは秋播一年草なので、9月の温度が下ってから播く

Tag: ビオラ

時期はゴールデンウィーク頃。葉が大きいので、葉はなるべくちぎらない。

苔玉はケト土を団子にして作るので、ヒヤシンスは秋植球根です。団子の糸を切って地植え又は鉢植えにし、球根が腐らないようにして11月以降、きっちりと育てる。

① 切っていませんか
② 冬に定温に当てていませんか
③ 肥料不足
 の3つのどれかです。

プリムラ類はもう店頭に出ていると思いますが、寒さを過ぎた頃が購入時期か?葉の裏にプリミンの物質があるので赤い湿疹が出来る人がいる。ドイツでノンプリミンを開発した人がいるが、かぶれるらしい。日陰に強い。

植物には成長期と圧殖期に分かれ、移植する時期が遅いと成長せず花が咲くので、小さいままとなる。

ピンチ(切り戻し)をする。葉5~6枚残し、切る。水と肥料が足りていたら3週間後、新しく脇芽に花が咲く。

短日処理しましょう

ボケ酒(ホワイトリカー)で作る

Tag: ボケ

ボケはバラ科なのでウドンコ病の駆除

Tag: ボケ

マツバギクは乾燥を好むので、肥料と水が多いのは葉が茂る原因

肥料のやりすぎで、虫が葉を食べていますネ

長雨と日照不足は、どこでも実が小さく色が薄いです

病気ではなく木子(きご)です

Tag: ユリ

リアトリスは宿根草。排水の良い土を好む為、水持ちが良すぎる土は枯れる。

ナガミヒナゲシと言います。帰化植物で、サヤに何千粒というタネが入ってまん延するので、育てないで下さい。むしろ抜いて下さい。

これから大きく育つと思う。10月に秋播一年草を播いたら、これから育つでしょう。

Tag: ポピー

北海道と佐倉市では違うが、グロツリは5月初旬です。

Tag: その他

サルビアはシソ科、草丈の1/3~1/2切るのが切り戻し

草はスズメノテッポウ、カラスノエンドウが出て手で取りました。次回は、除草剤を少し入れて播こうと思っているとの報告。

Tag: ポピー

冬の水やりは毎日あげない。表面の土が乾いたら一日我慢して、鉢底から流れるほどたっぷりあげる。

Tag: その他

坊ちゃんカボチャ、水分の補給をしっかり

ペチュニアが長雨で良く咲かなかったので、気温が少し低くなってから秋のトレニア等植えましょう。キク、暑さに強いペンタス。

Tag: その他

寒さに当たってても大丈夫なものが残った。作り直しても良い時期です。暖かくなったら土を変える。

Tag: その他

サクラソウはプリムラマラコイデスで一年草。種がこぼれてあちらこちらに咲いているのなら、タネ取りをお勧めします。開花期はもうすぐ終りなので、プランターにまとめるのは4/22ではあぶない。

球根が小さかったため。年数が経過すると球根が太る。

Tag: 彼岸花

将来株の仲間入り(3年~4年かかる)をするので、いらなくてもつまむ程度で取っておきましょう。

茎葉が分かれたのは1つにするほうが良い

月下美人の季節に肥料を挙げ過ぎ

カイガラムシがついている。アクテリックを散布して下さい。

現物あります菊蜂(8号)を5号、6号に鉢下げる。肥料過多をやめる。

5℃になったら室内に入れます。デンドロビウムの花が良く咲くには8℃の低温にあてる。またクンシランの花茎が伸びるには8℃の低温にあてると言われている。霜が降りるのは2~3℃のです。

Tag: その他

作ってから2日は持つが、日数が経つにつれて効果が薄れる

Tag: その他

菊のさし芽にむく時期は、5月下旬~6月

Tag:

踊り葉ボタンは、葉を咲かせた葉ボタンの下葉を取り、枝を長くして茎を好きな形にする。

今からやるのでしたら直幡で
① コスモス
② なの花(ハナナ) をすすめます。

Tag: その他

銀杯草は山野草で、上部が冬に枯れます。水を見てあげて下さい。

Tag: 銀杯草

食用ホオズキはナス科です。連作しないで下さい。

病害虫

イチジクにはカミキリムシが発生し、幹の中を食べられてしまいます。7月頃からカミキリムシの防除をお願いします。農薬はキンチョールE、穴を見かけたらすぐ退治をして下さい。

粒状オルトランは浸透移行性のアブラムシに効果がある。ウメのカイガラムシはカタタマカイガラムシと思われますので、エアゾール式か希釈してポンプに入れる方法が良いと思います。

Tag:

病気(さび病)にならなかったら咲きます

土に虫がいる時があるので、その土は使わない。枝のある所を7~8cm切って乾かしてさす。いつでもOK。

ナメクジ 夜行性なので10時頃捕獲しましょう。薬は効果はあるが数匹です。ビールも飲み逃げされなければOK。

・コガネムシの幼虫がいるのなら鉢の土を変える。 ・新葉が出てくる時に黄色くなる事がある。 ・ 日が当たりすぎる(日焼け)。

スプレーのエアゾール殺虫、殺菌剤を散布する

Tag: サカキ

虫がいるのなら木くずが出てくる。寿命ならバランスが悪いが切る。

Tag: ツゲ

苗立ち枯れ病です。薬を使うか、新しい用土を使って植えましょう。

「ドオガネブイブイ」の卵がかえって、ベゴニアの根を食べたのでしょう。卵を産みつけるのは8月上旬。それまでにオルトランDX粒剤をまいて水をあげます(浸透移行性粒剤だから)。

ボケはバラ科なのでウドンコ病の駆除

Tag: ボケ

殺虫殺菌剤をかけて様子を見る

Tag: ボケ

ハサミを消毒して下さい

Tag: マキ

カイガラムシがついている。アクテリックを散布して下さい。

オルトラン粒剤として散布するだけでは効き目なく、水をあげて根から吸い上げることを意味する。

Tag: その他

樹木

イチジクにはカミキリムシが発生し、幹の中を食べられてしまいます。7月頃からカミキリムシの防除をお願いします。農薬はキンチョールE、穴を見かけたらすぐ退治をして下さい。

葉の落ちている時に植える。休眠中なら安全。

粒状オルトランは浸透移行性のアブラムシに効果がある。ウメのカイガラムシはカタタマカイガラムシと思われますので、エアゾール式か希釈してポンプに入れる方法が良いと思います。

Tag:

落葉樹は休眠中に切る(1~2月)。常緑樹は3月。花木は花芽分化隣を見て花後すぐ切る。

Tag: その他

キンカンの枝が瘦せてきている。まず肥料を施し、根を充実させ枝を太らせて回復を図る。3月に花芽を残す剪定で花を向える。4月からは水やりをこまめに。

常緑樹なので3月以降

花芽が出来る6月下旬に暑いのは得意で、町中の暖地でよく見られる。やや椿より耐寒性はない。

虫がいるのなら木くずが出てくる。寿命ならバランスが悪いが切る。

Tag: ツゲ

・タネをこぼさない。 ・ボランティアを募り根語と抜く(ツツジ祭りの主催者にも聞く)。 ・ツツジの花が次年度咲くように、6月末までに切る。 ・犬の散歩にはリードを付け、ツツジの植え込みには入れない。

Tag: ツツジ

ハサミを消毒して下さい

Tag: マキ

マンサクは、花が咲き終わった後2~3ヶ月の間に大きく剪定。その後は若い枝のみ細く剪定。冬の大きな剪定はダメ。

鉢植えならミカン、レモンを根鉢そのまま入れる。実のなるのを期待したい場合は、根の下に堆肥等を入れて下さい。

Tag: その他

6号鉢から抜けないのは根が張っているかもしれないので、別の鉢に移してから水をやってみましょう

株本から30cm位の所に蘗が出ている。蘗から20㎝上を切断し、新しい枝を出させる。3本位の良い芽を残し、一から育て始める。肥料は年2回、春初めと冬。冬は寒肥とし、30~50㎝の穴を掘り堆肥と肥料をあげる。

Tag:

柿は落葉樹でやがて葉が落ちる。実が付いていたら収穫し、庭に収まっているのは剪定する必要はないが、ご近所にはみ出ている枝は葉が落ちた休眠中に切って下さい。

Tag:

冬1~2月に切る

Tag:

柿は落葉樹なので、冬に動かす

Tag:

梅の剪定は春と冬。背を低くしたい場合は春。冬は剪定というよりは枝間引き。

Tag:

太い枝を切るのは1月~2月。冬の落葉期が休眠期。

Tag:

ザクロがならない → 枝を切る時期が違う

Tag: ザクロ

ビワは花芽が出来ているので太い枝は3月

Tag: ビワ

柿は収穫出来た → 枝が折れやすい

Tag:

梅は収穫してから花の後、切る

Tag:

土壌

土に虫がいる時があるので、その土は使わない。枝のある所を7~8cm切って乾かしてさす。いつでもOK。

今冬の間に土づくり

・ 酸性土壌に偏ってきてないか?(アルカリ性好きなので)苦土石灰を施す。 ・ 株を分ける時、咲いた根は咲かない ・ 土をかぶせすぎる。少し浮くくらいのほうが良い。

酸性土壌にゼニゴケがはびこるので石灰をまく

Tag: その他

リアトリスは宿根草。排水の良い土を好む為、水持ちが良すぎる土は枯れる。

太陽消毒したものを広げて冷まし、腐葉土、肥料を混ぜて使う

Tag: その他